奥三河での休日。

春先ほどではないけれど、ストレスが溜まって来たのでキャンプへ。
仕事が忙しい訳じゃないけど、春から生活パターンが変わって、車通勤になったってのが大きいんだろなあ。
今までだったら帰りに飲んだり、仕事以外の人と話したりってのがあったけど、今は仕事場と家との往復で、抜く場所や方法がまだ見つかってない感じ。

で、キャンプは自分にとっては数少ない手持ちの抜く方法な訳で。

森の小国神社で一緒に行く連中と待ち合わせして、奥三河へ向かうも、県境くらいで結構雨が降って来たんで心配だったけど、鳳来寺湖畔のキャンプ場に着く頃には一旦止んでくれたんでよかった。其の後も降ったり止んだりだったけど、テントやタープを張り終えた後だったんで。

先週、モンベルの雨具を買ったばっかだったので、使ってみても良かったかなあ。残念…
(一緒に行った方々はバイクだったので、それなりに濡れたものと思われる(^o^))

キャンプ場は、放し飼いの鶏がお出迎え。
車を横付けできてオートキャンプ状態で300円ってのは悪くない。便所はボットンだったが( ̄Д ̄)ノ

夜にヘッドライトを付けたら虫が寄って来た。
ふとよく見ると、クワガタじゃん!

秋の終わりの花祭りでいつもお世話になっている東栄町はこの隣の町なので、この夜は東栄チキンを食す。

翌朝は、梅雨明けの青空が気持ち良かったので、湖畔を散歩。

国道151号を北上し、下條村の道の駅「そばの城」へ。
この村は、峰竜太の故郷。
ということで、売ってるのものは彼にちなんだものが多かった。微妙過ぎだとは正直思うw

ちなみに、「みどりやきもち」ってのも売ってたが、やっぱ奥さんからきてるんだろな…

昼飯に蕎麦を食ったら心が折れたので、数キロ戻ったとこにあった日帰り温泉に併設されたキャンプ場へ。

濡れたテントを芝生の上で干しながら、昼酒を飲んで酔っては寝て、また起きては飲んで、また寝てと繰り返して気が付くと夜になってたんで、風呂へ。
冷泉で、入った瞬間に掌までつるんっとなる良いお湯だった。

一人消え、二人消えと、帰る時には一人になってたんで、翌日は、せっかく奥三河にいるのだからと長篠の合戦の跡を訪ねてみた。
織田と武田の両軍合わせて五万超えるので、戦いは広範囲な訳で、織田の鉄砲隊が武田の騎馬隊を破ったことで知られる設楽原(写真の馬防柵の向こう側辺りでは、武田軍に1万の死者が出たらしい。)と、戦いの緒戦となった長篠城跡へ。

ここまで来る途中で何度も道を間違え、山の中の細い道を彷徨う羽目になったりしてたら、結局家に帰ったのは夜の八時近くになってしまった。
まあいいか。何した訳じゃないけど色々とスッキリしたし(^o^)

去年の夏ぐらいから、どれだけ長い時間寝ても寝た気がしなくて、疲れが溜まって、冬くらいにはしんどくて仕方がなかった。

それだけでなく、毎日とにかく眠くて仕方がなくて、通常の仕事時だけでなく、どんな重要な会議でも眠気に襲われて、意思に反して居眠りしてしまう始末に。

流石に、これはマズいと思って調べたら、睡眠時無呼吸症候群の症状に当てはまったんで、睡眠専門の病院に行った。

全身にコードを繋がれて泊まりの検査をしたところ、通常の人は全体の1~3割くらいの時間で熟睡してるのに、私の場合は恐ろしいことに僅か0.1%の時間しか熟睡できていないことが判明σ(^_^;)
(写真は、病院のお姉さんが、よく撮ってくださいって言われるんですよ~と、気軽に撮影してくれた(^^))

それでも、中のやや重めの症状らしい。
重症の人はどんだけなんだよ…

という訳で、歯医者に行きマウスピースを作成してもらって、それ以来、それをはめて寝てる。

眠気に襲われる頻度はかなり減ったんで、取りあえず良かった。
ダルいことはまだちょっとダルいのだけど…

去年の夏ぐらいから、どれだけ長い時間寝ても寝た気がしなくて、疲れが溜まって、冬くらいにはしんどくて仕方がなかった。

それだけでなく、毎日とにかく眠くて仕方がなくて、通常の仕事時だけでなく、どんな重要な会議でも眠気に襲われて、意思に反して居眠りしてしまう始末に。

流石に、これはマズいと思って調べたら、睡眠時無呼吸症候群の症状に当てはまったんで、睡眠専門の病院に行った。

全身にコードを繋がれて泊まりの検査をしたところ、通常の人は全体の1~3割くらいの時間で熟睡してるのに、私の場合は恐ろしいことに僅か0.1%の時間しか熟睡できていないことが判明σ(^_^;)
(写真は、病院のお姉さんが、よく撮ってくださいって言われるんですよ~と、気軽に撮影してくれた(^^))

それでも、中のやや重めの症状らしい。
重症の人はどんだけなんだよ…

という訳で、歯医者に行きマウスピースを作成してもらって、それ以来、それをはめて寝てる。

眠気に襲われる頻度はかなり減ったんで、取りあえず良かった。
ダルいことはまだちょっとダルいのだけど…

カンボジア10

最終日に半日時間が空いたので、シェムリアップから50キロ離れたベンメリア遺跡へ、トゥクトゥクに乗ること片道約1時間半。

image


日本を出る前は、是非行ってみたい遺跡だったけど、「ラピュタ」の元になったという都市伝説があるみたいで、現地のガイドも、プノンペンの帰りにシェムリアップで拾ったトゥクトゥクのドライバーも、現地に行った日本人のブログも、どいつもこいつも、ラピュタ、ラピュタと五月蝿いから、そのころには、正直、うぜぇ!と思うようになっていた。

ただ、プレアヴィヒアと、その翌日のプノンペンのポルポトの負の遺産を見たところで、自分的にはカンボジアでやるべきことはやり尽くした感があったので、とりあえず暇つぶしに行ってみた。

てか、日本人はともかく、現地の人は、まずラピュタ見てないだろ、俺だってようやく去年見たばっかなのに…とは思ったがw

行ってみたら、観光客ルートは木製の遊歩道がキチンと整備されていたのだけど、そのルートを外れてみたくなるのが人生。

image


ちょっとそのルートを外れてみたら、日本語で、あっちだ、こっちだと言ってくる現地の人がいる。
こういうところで日本語で話しかけてくるのは、大概インチキ野郎と相場が決まっている気がするのだけど、遊歩道を大人しく行くよりはそっちに行った方がどう見ても面白そうだったんで、あなたは私をガイドしてくれるのか?いくらか?と先に聞いたところ、納得できる料金だったので、彼にガイドをお願いすることに

これが正解だった。

こんな狭いところを出はいりしたり、

image

こんな岩の上をずっと渡って行ったり、

image

と、岩の瓦礫をよじ登り、石と石の狭い隙間をすり抜けと、気分は冒険アトラクション!
そんなルートは、よその国から来た人間には絶対に分からなかった。

ただ、この遺跡が破壊されているのは、ガイドさん曰く、ポルポトの所為だということだった…

image

image

image

image

建物の上から生えている樹。

image

ひと通り見学を終え、トゥクトゥクの場所まで戻ると、この日とその前日は違ったが、それまでの日、私をずっと乗せてくれてたトゥクトゥクのドライバーさんと偶然の再会

image

ロクに英語すら出来ない私を、散々助けてくれた。

彼がいなかったら、ホント、この旅行を楽しむことは出来なかったと思う。
感謝の気持ちをなんとか伝えた。会えてよかった。

それにしても、自分の意思をうまく伝えることができなくて困ってる時、ホテルの皆や、トゥクトゥクのドライバーさんたちが集まってきてくれて、何回も助けてくれたことに対しては、感謝してもしきれない。

プレアヴィヒアに日本の皆さんと行って、日本人宿で楽しくやるってのも悪くないのかも…こういうのもありだなと思ったけど、個人的には、やっぱりせっかく異国に旅に出たのだから、言葉が通じない世界で適度に困って、非日常を味わうのが好きなようだ。
なかなかこの感覚を上手く表現できないし、他人には理解してもらうことは難しいのかもとは思うけども。


最後だと思って、飛行機の搭乗前に写真を撮った。
次はいつ来れるのだろう。

image


…と、ここで終わっていれば、綺麗に終われたのに、写真撮影の際に搭乗券の半券を落としてしまい、乗ろうとしたら座席が分からず、ちょっとパニックに。
(チケットは、外に落ちていたのを、CAさんが拾ってくれていた。)

人生、なかなか綺麗には生きられないものである(^^)

【追記】
ベンメリア寺院を破壊したのはポルポトというガイドさんの話、現地で聞いた時は、眉唾だなあ…と思ってたけど、帰国してから読んだ本で寺院を破壊する話や、お坊さんに対してひどい仕打ちをする話がが何度か出てきたりしたので、今は、ポルポト派が破壊したのだろうと素直に思ってる。

そういえば、アンコール・ワット付近の林が、水場も近くてキャンプやるにはちょうどいい感じだなあと、行ったその時は思ってたけど、付近の林の中で虐殺があった話を、やはり帰国してから読んで。。。

カンボジア9

【本エントリー内には、見る人にとってはグロテスクな写真が含まれているため、見る際には注意を。】

image
 
(at  ”KILLING FIELDS”)

我々は独自の世界を建設している。新しい理想郷を建設するのである。したがって伝統的な形をとる学校も、病院も要らない。貨幣も要らない。 たとえ親であっても社会の毒と思えば微笑んで殺せ。今住んでいるのは新しい故郷なのである。我々はこれより過去を切り捨てる。 泣いてはいけない。泣くのは今の生活を嫌がっているからだ。 笑ってはいけない。笑うのは昔の生活を懐かしんでいるからだ。(ポルポト)

もともと、ポルポト時代には興味があった。

第2次大戦後にフランスから独立を果たしたカンボジアのその後の混乱期からポルポトが台頭し、1975年に政権を奪取
 ↓
1979年にベトナムの侵攻により政権を奪われる

この3年8ヶ月の間に、「完璧な共産主義社会」を建設しようとして、

  • 学校、病院及び工場の閉鎖
  • 銀行業務どころか貨幣そのものを廃止
  • 宗教の禁止
  • 一切の私財の没収
  • 一切の近代科学を否

などを実現させるため、次のことを行った。

  • 首都プノンペンなどの大都市住民や資本家、技術者、知識人など知識階級から一切の財産・身分を剥し、農村に強制移住させ「集団農場」で農業に従事させた。(極端な食糧難ということもあった)
  • 知識人階級は「反乱を起こす可能性がある」とされ殺害され、革命が成功したことを知り、国の発展のためにと海外から帰国した留学生や資本家も殺された。
  • 子供は親から引き離して集団生活をさせ、幼いうちから農村や工場での労働や軍務を強いた。

こうした非現実的な政策のおかげで、カンボジアは、より一層深刻な食糧危機となり、この期間で、当時の人口600〜700万人のうち、100〜300万人が飢餓や虐殺で亡くなったと言われている。

その結果が、現在の極端な年齢別人口分布になっている。

image
  (世界の人口ピラミッド カンボジア)


特に知識人は、知識を持った人間を生かしておくと後で復讐される恐れがあるというために、次の理由で、知識人と見做され、殺された。

  • 前の政権で働いていた人
  • 医師
  • 外国語が話せる人
  • 教師
  • 眼鏡をかけている
  • 手が柔らかい

終わりの2つは、そういうトンデモな理由で殺されたって事例もあったってことだけど、とにかく、そういう訳で医者が足りなくなって、全く字も読めないよう人や子供まで医師にさせられ、ロクに消毒もせずに注射されて傷口が化膿したぐらいならまだましで、子供が手術までした事例もあったらしい。人体実験レベルだよね、それって…

カンボジアの西部に今でも地雷が残っているのも、「地雷は完璧な兵士である」としてクメールルージュが埋設したからだ。

今回の旅行で、色々なカンボジアの人達と接してみて、なんでポルポト時代のようなことが僅か30年ちょっと前に起きてしまったのだろうという思いは、とてもより強くなったので、急遽、シェムリアップから300キロ離れた、首都プノンペンに今でも残るポルポト時代の負の遺産を日帰りで訪ねることにした。

宿の人や、いつも私を乗せてくれてたトゥクトゥクのドライバーさんは、そんな遠くまで日帰りで何しに行くんだ?アホじゃねえの?みたいな感じだったけど、国立博物館見たいからとかお茶を濁しといた。

やっぱり言えないよね。
ドライバーさんとかはある程度年齢も
いってるし、その時代も経験してると思うから。

プノンペンまで行きは旅行者用のミニバン乗り合いみたいのにした。

image

道は昔より良くなったと聞いてたけど、まあ道は悪かった。

手入れをしないと、こんなにも悪くなるのかってくらい。
主要な国道の6号線だったのに。その前日に行ったプレアヴィヒアまでの道のりの方がよっぽどマシだった。

image

流石に後半は嫌になってしまい、早く着かないかとずっと思っていた。
時間が、最初聞いていたのが所要時間が4時間半のところ、2時間余計にかかってたってのもあったけど。

プノンペン中心部は都会だった。さすがは首都。だけど、ちょっと外れると道は悪路でホコリがとんでもない。
明らかに、マスクは必要。

image

image

シェムリアップからの車を降りた近くで、トゥクトゥクドライバーさんをチャーターしようとしたのだけど、見事に英語すら通じない!

あと、指さし単語帳みたいのを持ってたんだけど、これもダメだった。(ある程度の年齢以上の人が字が読めないというのも、ポルポトの影響なのか?と、このとき思った。違うのかもしれないけど…)

英語が通じる人を呼びに行ってくれたりしてして、なんとかまずは国立のトゥール・スレン虐殺博物館へ。
ここは、元は高校だったけど、ポルポトが革命に学問は不要ということで高校を廃止した跡地を収容所としたところ

image

image

3年弱の期間に、14,000〜20,000人が収容され、無事に生還できたのは7人(8人と書いてあるところもある。)のみとのことで、その方々の写真も掲示されていた。

image

ヴェトナム侵攻の際、クメールルージュが撤退時に殺害した14名の遺体が所内に残っていて、その後、50名の遺体が出てきたとのこと。

image

image

トゥール・スレンには、教室内を煉瓦で区切った当時の収容施設、拷問器具、犠牲者の遺骨、14名の遺体の発見状況写真、また、復讐を恐れ、収容者の写真を残らず撮影していたことから、その写真が大量に展示されていた。
また、絵が描けることが判明し、ポルポトの肖像画を描いていたために難を逃れることができた生存者が、当時の状況を描いた絵が幾つも展示されていた。

image

image

image

image

独房の部屋割りと思われる。

image

image

image

image

見終わって出ようとしたら、中国人と思われる団体が記念撮影をしていた。
その感覚って…と思ったが、自分も頭蓋骨を写真に収めたりしてるから、俺もたいして変わらないなと思った。

続けて、キリングフィールドへ。

同名のアメリカ映画を観た方もいると思うけど、それで有名になった虐殺現場。
同様の場所は、カンボジア全土に幾つもあるそう。
今回行った場所は、「チェンエク虐殺センター」と看板に表示されていた。
トゥール・スレンの収容者の大半は、ここで殺された。

image

入口で6ドル支払うと、日本語の音声が入力されたオーディオプレイヤーを渡され、各ポイントでそこのボタンを押すと説明が聞けるシステム。
これが、非常に分かりやすかった。

ここでは「最盛期」には、1日300人の方が、銃弾が勿体無いからと、農機具やハンマーで撲殺されたり、パインツリーの葉っぱで首を切られて殺されたんだそう。
殺してる人も、拒否すると自分が殺される側に回るため、知り合いでもやむなく…

image

image

image

image

ここの囲いの辺りで450人の犠牲者が見つかったと書かれていた。
このような場所が無数にあった。

image

犠牲者達が着ていた服。

image

特に痛ましかったのは、「キラーツリー」と呼ばれてる樹があり、そこで、母親の目の前で、子供の足を持って木に叩きつけて殺した現場が残っていた。
母親の死を子供に見せるのは可哀想だから、との慈悲深い!理由から…

そして、その脇には、子供と母親が埋められた場所が。
そこの箇所だけは、埋められてた遺体は裸であったとのこと…

image

image

ここではこれまで1万人の遺体が見つかったとのことであるが、まだ同じくらいの数の遺体が発掘されずに残っているとのこと。

下の写真の辺りでは、雨季になると、地面から骨が出てくるらしい。

image

帰りは、予約入れといた夕方の飛行機までの時間がなくて焦ってたところに、途中、デモがあって道が塞がれ、引き返すとかハプニングもあったり、渋滞が酷かったりなんてとヒヤヒヤものだった。

image

だけど、無茶苦茶アクの強いトゥクトゥクのドライバーさんが、30センチくらいある段差を根性で乗り越え近回りしたり、逆走して信号無視したりと、頑張ってくれた(信号無視直後、後ろを向いてドヤ顔された!)んで、なんとか間に合うどころか、空港でバゲットを食う時間もできた。(時間がなくて、この日はそれまで昼飯も食ってなかった。)

まあ頑張ってくれたから、チップでも弾もうか…と思っていたら、それ以上にボラれましたが(-_-;)

元フランスの植民地だけあって、パンは美味かった。
田舎に行っても、パンの屋台とかあったしね。

image

カンボジア・アンコール・エアーの、私は恐らく生涯初のプロペラ機に。

image

個人的には、無理してでも行っておいてよかったと思った

シェムリアップに戻って、ホテルの従業員やトゥクトゥクのドライバーさん達に、もう帰ってきたのかと呆れられた後、翌日の遺跡行くのをお願い(いつものドライバーさんが予定が入ってしまっていて、郊外だったから不安だったけど、みんなで探してくれた。感謝。)してから街に出て、痛飲。

そういえば、これがカンボジア最後の夜。

【追記】
日本に帰ってから、この時代が知りたくて何冊か本を読んでみたけど、次の2冊がよかった。
上の本は既に絶版だけど、図書館に行けばあるかも。(私のところはあった。)

  • 井川一久編著「新版カンボジア黙示録」田畑書店
  • 『ポル・ポト「革命」史 虐殺と破壊の四年間』 山田寛 講談社

 

カンボジア8

2011年の正月にタイへ行った時、カンボジア国境付近に寄ったので、カオプラビハーンの遺跡に行こうとしたけど、国境は封鎖されていた。

仕方がないので、タイ側のパーモーイデーンから、カオプラビハーンを眺めた。
眼下には一面にジャングルが広がり、焼畑農業と思われる煙がいくつか登っていた。
圧倒的な光景だった。

カオプラビハーンに続く道は鉄条網で封鎖され、パーモーイデーンには、あちこちにトーチカが設けられ、現に国境紛争が起きているというのを目の当たりにした。

image

image

image

今回、その時のリベンジで、カンボジアのもう一つの世界遺産であるプレアヴィヒア(タイ名がカオプラビハーン)に行ってみたかった。

ただ、一人で行こうとすると、ツアーとかだと下手したら2~3万円してしまい、安く行こうとしてバスを乗り継いでだと2日かかってしまうようだったんで、日本人が多く泊まっているゲストハウスの連中でシェアしてミニバンをチャーターしていくのに運よく混ぜてもらうことになった。

集合場所のタケオゲストハウスまで行くのに、徒歩だと2~30分かかるので、トゥクトゥクを前の日にお願いしてたのだけど、見事に来ない。

もうハラハラし始めて、これはダメだと思ったところ、国道の反対側にモトトップ(バイクタクシー)が停まったんで、慌てて国道を渡って駆け寄り、英語が通じなかったんで、何とか身振り手振りで交渉して乗せてもらい、6:50の出発時間に間に合った。
それでもしっかり乗る前にお金の話はしといたけど(^^)

同行するのは、20代後半から30代前半って感じの社会人の個人旅行者。
女性も2名いた。
皆さん、年末年始の休暇でこっちに来てって感じ。

2時間ほど乗ったところの町で、トイレ休憩。

image

水の移動販売車がスピーカーで流していたり、

image

托鉢のお坊さんたちが回っているのを見ながらしばし休憩。

恐らく、ポルポト最後の地であるアンロンベンだったと思う。

image

さらに1時間ほど乗ったところで、チケット売り場に到着。
ここは要パスポート。

警備の軍人さんか、警察官が、向こうのチェスみたいのをしていた。
そして、犬までユルい!

image

ここで車を乗り換えなければならなくて、ピックアップトラック(25ドルの人数割)か、バイクの後ろの選択だったけど、当然のように、ピックアップトラックの荷台を選択!

急激な坂を上がる。
ここに来るまでは、結構モヤいでいて不安だったけど、とんでもなくいい天気。
そして初のピックアップトラックの荷台。
猛烈に気持ちが一同上がる!!!

image

image

30分ほど登ったところで、車を降りて、チケットのチェックを済ませて、後は徒歩。

看板には、”I Have Pride To Be Born As Khmer”の文字が。

image

image

寺院に到着すると、遠くにタイ側の前回私が行ったパーモーイデーンと思われる場所がなんとなく見える。

と、警備していた兵隊さんが、不意に双眼鏡を貸してくれた。なんてフレンドリーなんだ!

image

奥の方がタイ。

image

坂を上がって行き、2,000リエル紙幣にも描かれた建物を見て、神殿にお参りする。

image

image

image

崩壊は結構しているが、空の青さとの相性が個人的にはなんとも言えなかった。

image

image

image

そして先端まで行くと、断崖絶壁の先には、カンボジアのジャングルが一面に広がっていた。

たまらない、としか言いようがなかった。
本当に来れてよかった(^^)

大の高所恐怖症である私も、死ぬ思いで崖から足先を投げ出してみた。
(というか、既に家で旅の計画を考えている時から、少なくとも2回は、自分がこの崖から落ちるという訳が分からない妄想をしていた!)

image

一服して(なんと、こんなところでも冷えたビールが売っていた!)、来た坂を更に降りて、タイ国境へ。

鉄条網で封鎖して、国境警備の迷彩服を着た警察官が何人もいた。

image

と、なんと、構えていたラ◯フル(当然、実◯入りと思われる)を、私達に貸してくれたではないか!

なんてユルい世界なんだ!!!

地雷に注意の看板。タイ側にも同じのがあった。

image

坂を上がって行くと、子供達が遊んでいて、こちらに声を掛けて来て、いつまでも手を振っていた。

シェムリアップ近くの子供は、写真を撮ろうとすると金銭を要求してきたりして、こちらの心も曇ることが何度かあったけど、田舎の子はいいなあ。今は観光客はほとんどいない(そして、日本人率高し。)けど、いずれはそうなってしまうのだろうか…

image

再び、ピックアップトラックに乗り込み、坂を下り始める
遺跡にいた2時間は、あっという間だった。
途中には、方々に幾つものの詰所があって、合計で100人以上と思われる兵隊さんがいたのだけど、詰所の前を通るたびに兵隊さんがみんな笑顔で手を振ってきた。
それもなんとも言えない屈託のない笑顔で。
半分泣きそうな、なんとも言えない気持ちになった。
本当にこのプレアヴィヒアに、そして、カンボジアに来てよかったと、猛烈に思った。

チケット売り場に再び戻りそこで昼食を食べて、更にそこから2時間かけて、コーケーの遺跡へ。

image

image

ここのピラミッドは、今まで見た中で一番大きいものだったかもしれない。

ガイドブックやネットでは、ピラミッドの上まで登れないと書いてあったけど、後ろに新しく木造の階段が作ってあった。

階段を登ろうとすると、木のカンヌキみたいのが掛かっていたけど、そこで遊んでいた女の子が、除けてくれた。けど、私の通過後にそれを戻そうとして、手を挟んでしまった。こっちも悲しくなる。

ピラミッドの上からは、360度、ジャングルの光景が。

image

image

image

帰り道、さっきの子供達が名残惜しそうに後をついてくる

田舎の子供は…(以下同じ)

image

7時に出発して、シェムリアップに戻ってきたのは結局8時だった。

行ったメンバーで、パブストリートまで行って、クメールBBQを。
真ん中がジンギスカン鍋みたいに盛り上がっていて、そこで肉を焼き、その周りは普通の鍋になっていて、そこで野菜とかを煮る形。
一回は食べてみたいと思っていたけど、一人ではそうも行かなかったのでよかった。
ま、普通の肉以外にも、クロコダイル、ヘビ、カエルなどの肉もありましたが…

image

結局宿に戻って来たのは、10時過ぎ。

ズボンとTシャツを脱いだところで爆睡。

カンボジア7

image

元旦だから、朝5時に宿を出て、アンコールワットに初日の出を見に。

それまで、乾期の割には天気が良くなかったけど、ネットで調べたら、この日からよくなる予報だったのと、なんと言っても初日の出だから、この日に決めた。

このシェムリアップは、日中は30℃を超えるけど、この時間は20℃を割り込み、結構涼しいというか肌寒い。
そして私は、前日に出したランドリーがまだ戻って来てなくて、Tシャツ、短パン姿。普段は気持ちいいトゥクトゥクの風が、ややツラい。オマケに虫除けの薬もわざわざカンボジアまで持って行ったというのに、油断してて虫にも刺されまくた…

image

みんな考えることは一緒のようで、現地は夥しい人の群れ。しかも、結構日本語が聞こえる頻度が多かったかも。

しかし、まあ、日の出はしっかり見れたので良かった。

image

image

image

初日に買ったアンコールチケットが切れたので、この日の朝に1日券20ドルを買ったから勿体無いので、急遽予定を変更し、このチケットが使える、郊外にあるロリュオス遺跡群へ。

「へ」と書いたけど、私が「ロリュオス」と言っても、トゥクトゥクのドライバーさんには通じず、しまいには、宿の前にいたドライバーさんたちがみんな集まってきてくれて何とか一生懸命に私を助けてくれようとしてくれた。

現地のクメール語どころか、英語すらロクに話せない私ゆえに、何とか知ってる単語を並べて考えを伝えようとするのだけど、しょっちゅう困ってた。
困っている時に、親身になってもらえると、本当に優しさが骨身に沁みる。

「スカイウェイホテル」という、シェムリアップの街の中心部からちょっと外れたところにあるホテルに泊まっていたけど、そういう意味じゃよかったなあ。
そういや、大阪に行ったことがあるという、日本語の単語がほんのちょっと出てくるスタッフが一人いたな。日本の物価はとにかく高かったって言ってたけど、ここにいれば、そう思うよな。

結局、ロリュオスは、その遺跡群の中の「ロレイ遺跡」の名前を出したら、「ああ、ロレイね!」みたいな感じで解決した。

ロリュオスは、どこも空いていて、まったり遺跡見物。

image

image

image

image

カブに4人乗りやら、今日も色々と無茶を見つつ。

image

image

後こっちにいれるのは明々後日までになってしまったので、もう逆算モードでスケジュールを決めなければならず、翌日はプレアヴィヒアに行くことは決めてたんで、明後日と明々後日をどうしようか考えていたんだけど、ロリュオスの帰り道に、明後日はプノンペンに行くことに決めた。

いつも乗せてもらってたトゥクトゥクのドライバーさんに、その旨を伝えると、陸路か、船か?と聞かれたので、陸路と答えると、旅行代理店に連れてってくれた。

長距離バスにしようかとも考えてたんだけど、心が折れたってのもあり、ツーリスト用のミニバンを予約。

そのあと、アンコール国立博物館へ行き、あと、土産物屋やらをオールドマーケットで購入。

宿に戻ってからは、プノンペンでの大まかな旅程を考えたけど、帰りは時間もないこともあって、飛行機で帰ることにして、ネットで予約。

明日、明後日のことを考えると、この時は物凄く不安になっていた。

カンボジア6

カンボジア3日目は、まずはアンコール・ワットなどがあるシェムリアップの町の郊外にあるバンテアイ・スレイへ。 精密なレリーフなどがたくさんある比較的こじんまりとした遺跡で、確かに綺麗。それ故に、郊外にあるにも関わらず結構混んでいた。
ただ、綺麗すぎて、ちょっと個人的な趣味ではなかった感も。

image

image

image

image

「東洋のモナリザ」と言われているテヴァター。 この遺跡は、午前中の早い時間に行くと、太陽の加減でより美しく見えるとのことだったけど、このテヴァターのある方は、ちょっと逆光になってしまっていた。

image

トゥクトゥクのガソリンスタンド。(車用のちゃんとしたスタンドは隣にあった。)
ペットボトルみたいので、溶けたり爆発しないのか?と思うけど、郊外に行くと、普通のスタンドはなく、商店の軒先に普通に何本か置いてあった。

image

この遺跡に行って良かったな~と思ったのは、この日の朝はカンボジア3日目ということもあり、空も曇ってたんで、結構ダルダルモードだったのだけれど、そのうちに晴れて来て、トゥクトゥクの走る風も気持ち良く、また、郊外の感じがとてもいい感じだったので、すぐに気持ちが上がったこと。

カンボジアの原風景ってとこなんだろうか?
やはり2年前の正月に行ったタイのカンボジア国境もこんな感じで、やはりいいとこだなあ〜とその時も思った。

image

image

路肩に、このコンロ?とこの鍋のセットがどこにも置いてあって、いい感じの煙があちこちから出ていた。

これで料理作ったら、確かに美味そうだ!

image

image

image

image

午後からは、昨日の小回りコースに引き続き、今日は大回りコース(Big Circuit)を。

途中の遺跡の脇の食堂で昼食を食べようとしてた時、ふと、「日本人ですか?」と声をかけられた。
恐らく、同じ年代の日本人女性で、結構ノリが独特で面白い感じの方だったので、思わず長いこと話し込んでしまった。
料理が出てくるのに、結構時間がかかった(アモックという雷魚が入ったココナッツカレーでとても美味しかった!)というのもあったけど。
久しぶりに日本語で会話したなあ。

プリア・カーンは、結構規模が大きくて、往時を忍ばせるものがあったし、プレ・ループはボチボチ西日がって時間になりつつあったんで、その光が建物に当たって、美しく感じた。
行く時間は大事。

しかし、3日目になると、遺跡慣れしたこともあり、いいものとどうでもよく感じてしまうものの差が出てきた。

image

珍しい二階建。昼飯時に一緒になったお姉さんによると、階段はないけど、二階へは象で出入りしていたと、この遺跡で引っかかった野良ガイドに教えてもらったらしいけど、俺はそれは絶対眉唾ものの気が(^^)

image

途中の遺跡の前にいた子供達に、写真撮らせてくれと言ったら、1ドルくれと言ったのでで断ったら、それじゃあタダで撮らせてあげると言って、しっかりポーズ。しっかり女性している。

なんか、子供のうちからそういうのでお金を稼いじゃいけないよと思ったのだけど。
ここの地よりは明らかに恵まれた国から来た旅行者の、勝手な思い込みに過ぎないとは分かってはいるけど。

カンボジアはどこでもみんなハンモック。トゥクトゥクドライバーも客待ち中に、車内に上手く張って寝てるのを何度も見た。

image

image

image

image

夜は、まずは日本人が多く泊まっているタケオゲストハウスへ。

カンボジアへ行こうと決めて色々と調べていたら、カンボジアのもう一つの世界遺産であるプレアヴィヒアにどうしても行ってみたくなっていた。

ただ、一人で行こうとすると、ツアーとかだと100ドル後半から200ドルくらいかかってしまうけど、こうしたゲストハウスだと個人旅行者達が仲間を募って運転手付きのミニバンとかをチャーターして、人数割りにするから、結構格安で行けるかも?という情報があったので、それを確かめに行ったのだ。

で、運よく、2日後に行く仲間を募っている張り紙があったので、さっそく申し込んだ。

ここのゲストハウスでは、年越し蕎麦が売っていたのでそれを食べつつ、紅白を少し見た。
うん、そういえば大晦日だったね。

image

image

その後に行ったパブストリートは、年が明けるまでまだ3時間くらいあるというのに、既に路上で大音量で音楽が流され、大盛り上がり状態。
後日、日本の人と話したところでは、カウントダウン時には、みんな知らない人同士でビールかけまくって踊って、とにかく面白かったらしい。

image

私はといえば、街に出たものの、疲れと、酔いと、翌日が朝の5時出ということもあり、早々に宿に引き上げたが、布団に潜り込めず、ベットの上で部屋の電気を付けっ放しで寝てしまった…

カンボジア5

アンコール・トムを一通り見て昼飯の後は、小回りコース(Small Circuit)を。

アンコール・ワット周辺の遺跡を効率よく見るコースとして、小回りコースと大回りコースの2つがあって、今日は小回りコースの方を。

トマノン、チャウサイデボダ、タケウ、タ・プローム、プラサットクラバン、スラスラン、バンテアイクディなどを回った。

image

image

image

やっぱりなんといっても、タ・プローム。

シェムリアップへ行った人なら必ず行く場所なんだろうけど、そこらじゅうで建物がスポアンの樹に押し潰されそうになっている光景は圧巻だし、その分、それ目当ての観光客も無茶苦茶多かったし、特に団体客は五月蠅かった。

image

image

でも、ちょっと少し外れると、静寂の中に壊れた美しさがあって、侘び寂び感がとてもよかった。

空いてる時にまた行きたいなあ…(って、そんなことはまずなさそうだけど)

image

image

image

image

image

最後のバンテアイクディに着いたころには、もう半分日が落ちかかっていたけど、その前の池では地元の子供が釣りをやっていて、鯰が釣れていた。
なんか和む。

image

image

ホテルに戻って少し休んだ後、またトゥクトゥクに乗ってパブストリートに繰り出す。
ホテルは市街地から少し外れていたため、市街地までの送迎は無料でやってくれていた。
迎えに来てもらう時間を打ち合わせてドライバーさんと別れた後、食事を済ませ、再び宿に戻り、ドライバーさんと明日の調整を済ませて就寝。